フィリピンで大人気のファーストフード「ジョリビー」

Jollibee

フィリピンではジョリビーを知らない人はいません。マスコットの蜂のような姿をしています。ファーストフードチェーンのジョリビーの入口に立っています。
ジョリビーはおそらくフィリピンの中で最も有名で愛されているファーストフードチェーンです。ジョリビーフライドチキンはとてもぱりぱりしてとてもおいしいです。
多くのフィリピン人はジョリビーを愛していますし他の国の方もジョリビーを気に入るでしょう。
実際に、2018年4月現在、世界中に1200ものお店があります。
そして先月、彼らはイギリスのロンドンに店舗をオープンしました。
他の国や州は、カリフォルニア州、ハワイ州、ネバダ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、テキサス州、イリノイ州、ワシントン州、バージニア州、カナダ、シンガポール、ベトナム、香港、マカオ、クウェート、カタール、
サウジアラビア、アラブ首長国連邦、イタリアにもあります。
ジョリビーの社長のトニー・タン・カックション氏は、オーストラリアと日本での市場でも開くことを計画していると発表しました。
Jollibee Chickenjoy

ジョリビー チキンジョイ(89ペソ)

ジョリビーはフィリピンで言うマクドナルドかKFCのようなものです。
フィリピン人は普段ジョリビーに行きそれらのジューシーフライドチキンとジューシーホットクリスピーを食べホットライスとグレービーソースと一緒に食べます。
あなたは最初の一口食べると美味しさに驚くでしょう!私は通常肉の部分を最初に食べ、次に皮の部分を最後に食べます。「大好きな部分を最後に食べる」という言葉のように。
Jollibee ChickenJoy Meal

スパイシージョリビーフライドチキンミール(89ペソ)

世界の有名なジョリビーチキンジョイの他にジョリーヤンバーガー(ハンバーガー)とジョリースパゲティー(フィリピノ甘いスパゲティ)、ジョリーバーガーステーキとフィリピン風味の肉のソースをトッピングしたパラボックを提供しています。
Jolly Spaghetti

ジョリースパゲティ(60ペソ)
ジョリーバーガーステーキ(60ペソ)

ジョリビーでの食事はデザートなしでは完璧ではありません。もしデザートを食べたければ、ジョリーサンデーとパイがあります。
私は”ジョリーサンダース”や”ピーチマンゴーパイ”が好きです。ジョリーサンデーよりピーチマンゴーパイの方が好きです。
ピーチマンゴーパイは、金色の茶色になるまで深く揚げたクリスピーで内部は桃とマンゴーピューレです。
ピーチマンゴーパイを食べるときピューレがとびだすので食べにくいですがとてもおいしいです。私にとって完璧なデザートです。
最近は、ウベパイ(タロ芋)が加わり既存のピーチマンゴーとチョコマロパイがあります。
Pie

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11
左:ジョリビーピーチマンゴーパイ(30ペソ)
右:ジョリビーウベパイ(タロ芋)(30ペソ)
Jollibee Chocolate Sundae
ジョリビーチョコレートサンデー(30ペソ)
Jollibee Yumburger Meal
ジョリーヤンバーガー(80ペソ)
(ハンバーガー1個、フレンチフライ1個、ドリンク1個)

フィリピンのジョリビーではほとんどのお店が24時間営業しています。
Open 24 Hours

Open 24 Hours

ジョリビーは深夜の1時間でも、早朝に来る人に対しても朝食を提供してくれるので飢えに苦しむことはありません。

My favorite Jolly Breakfast
私のお気に入りのジョリビーの朝食のセットメニューはコーヒーまたはオレンジジュースとペアになっています!
ロンガニサセット(120ペソ)/コーンビーフセット(120ペソ)

フィリピン人にとって、ジョリビーはあなたが空腹で急いでいるときに行く典型的なファストフードレストランだけではありません。
なぜならフィリピン人の家庭料理のようだからです。
アメリカン料理のようですがフィリピン人の家庭料理のような味だからです。
ジョリビーの食べ物は私を幸せにしてくれます。子供時代の思い出を戻す懐かしい場所でもあります。
海外から仕事でフィリピンへ戻るとジョリーフライドチキンとジョリーヤンバーガーをいつも私は思い出し欲しくなります。
私はジョリビーの料理を食べるとリラックスすることができますし子供の時の兄弟姉妹とのいい思い出を思い出し幸せを感じます。
なぜなら母がジョリビーの食べ物を買って帰ってくれたからです。
ジューシーフライドチキンと他のおいしいお菓子のバケツを持ち帰ってきてくれました。これらはサクサクしていてとても美味しかったです。
多くのフィリピン人は、ジョリビーを第二の家庭料理としています。それは、家族のための週末の過ごす場であり、働く同僚のためのミーティング・スペースでもあります。
友達のサークルのための落ち合う場所でもあり、またはデート・スポットでさえあります。
まだまだ世界的な典型的なファーストフードチェーンではありませんが、フィリピン人をつなぐ場所です。

私の近くにあるジョリビーのお店の場所です。
Jolllibee, Mandaue Parkmall
Address: Parkmall, Ouanon Ave. North Reclamation Mandaue City, Cebu
Telephone No.: (032) 520-7604
Business Hours: 6:00 AM to 12:00 MN

Jollibee, Manduae Reclamation
Address: Ouano Ave., North Reclamation Area, Mandaue City
Telephone No.: (032) 346-5463 / 346-5464
Business Hours: Open 24 Hours

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11