ビーチだけじゃない!セブのマウンテンリゾート10選

セブのマウンテンリゾート

セブ島には北から南まで美しいビーチがたくさんあり、島巡りなどができる場所がたくさんあります。しかし、セブには楽しく静かなビーチに代わるとても素晴らしい価値があるマウンテンリゾートもあります。
これらのマウンテンリゾートでは、自然に触れ、美しい景色と新鮮な山の空気を楽しめます。セブのマウンテンリゾートでの大きな利点は、何時間も移動時間に費やすことなく比較的近い場所にあります。
これらがセブのマウンテンリゾート10選です。

1位 – ウェスト 35 エコ マウンテン リゾート(West 35 Eco Mountain Resort)

自然と触れ合える場所


ウェスト 35 エコ マウンテン リゾートは、セブ島のバランバン(Balamban)にあるトランスセントラルハイウェイ(Transcentral highway)沿いの素晴らしい山々の景色を望むことができる場所です。このリゾートでは一晩過ごしたい人には客室があります。
休息やレクリエーションに最適な施設もあります。自家製の有機野菜を提供するレストランがあり緑豊かな木々や山々の景色を背景に写真撮影ができる最適な展望台もあります。
追加料金で、ジップラインアドベンチャーライドに乗ることができ木の上でスリルを味わえることができます。その他の設備は、トレッキングコース、子供用の遊び場、ゲームルーム、吊り橋、カンファレンスルームがあります。
仕事の忙しさを忘れ素晴らしい場所でのんびりと休暇を取れる場所を探しているならこの場所は最適です。

行き方

アヤラセンターセブ(Ayala Center Cebu)ターミナルからバランバン(Balamban)行きのトランスセントラル(Transcentral)v-hireを利用して行くことができます(1人あたり片道120ペソ(約240円))。
ウェスト 35で降ろしてもらえるようv-hireに乗る時に運転手に伝えてください。
このリゾートには駐車スペースがあるので、レンタカーを借りて行くこともできます。この場所に慣れていない場合はWazeを使ってください。

  • 長所:素晴らしい設備とAdventure Cafe(レストラン)のような他の観光スポットに近いです。
  • 短所:週末に少し混雑することがあります。
  • 入場料:1人あたり55ペソ(約110円)
  • 客室料金:宿泊施設のタイプにより4500PhP~6500PhP(約9,000円~13,000円)
  • 参考サイト:ウェスト 35 エコ マウンテン リゾート フェイスブック

2位 – セネンズマウンテンリゾート(Senen’s Mountain Resort)

北のリフレッシュできる場所

Senen’s Mountain Resort

セネンズマウンテンリゾートは、美しい山々に囲われ、美しい海の景色と近くの島々を見渡すことができパーティーやレクリエーションをするには最適な場所です。追加料金で、プールで泳ぐことができます。
北に向かって、新鮮な山の空気と豪華な食事を楽みたいならこのリゾートに立ち寄ることをお勧めします。一度ここに訪れるとまた来たいと思うでしょう。グループイベントや家族を連れて食事をする場所を探しているなら理想的な場所です。

行き方

自家用車かレンタカーでここに行くのが最も便利です。
セネンズマウンテンリゾートは、リロアンハイウェイ(Liloan highway)から約3kmのカバジャガン リロアン セブ(Cabadiangan Liloan Cebu)に位置しています。
セブシティから、北上し、リロアン(Liloan)まで進んでください。この場所に慣れていない場合はWazeを使ってください。

  • 長所:広いカンファレンスルームとイベントルームがあります。
  • 短所:プール以外の設備は少ないです。
  • 入場料:1人あたり50ペソ(約100円)
  • 客室料金:宿泊施設のタイプにより600PhP~1500PhP(約1,200円~3,000円)
  • 参考サイト:セネンズマウンテンリゾート ウェブサイト

3位 – マウンテンビューネイチャーパーク(Mountain View Nature’s Park)

セブで最も人気のあるマウンテンリゾート


マウンテンビューネイチャーパークは、市内中心部に近いため、セブの地元の人々にとって最も好まれているリゾート地です。
ラハグ(LAHUG)のブサイ(Busay)に位置し、このリゾートでは素晴らしいプールで泳いだりアウトドアで遊んだりして家族や友人と共に楽しめます。
宿泊施設と共にイベントやパーティーなどができるホールもあります。この場所は長い移動時間なしでのんびりと休息したい人に最適な場所です。

行き方

ラハグ(LAHUG)行きの04Hのジープニーに乗ります。運転手にラハグ(LAHUG)の近くで降ろして貰うように伝えてください。
マウンテンビューネイチャーパークはジープニーを降りて上り道を10分~15分歩いたところにあります。
ラハグ(LAHUG)の JY Square(JYスクエアモール)からハバルハバル(Habal-Habal)を利用したり自家用車で行くこともできます。タクシーやグラブ(Grab)でも行くことが可能です。

  • 長所:セブシティから近くの場所にあります。
  • 短所:週末や休暇中はとても混雑しています。
  • 入場料:1人あたり50ペソ(約100円)
  • 客室料金:宿泊施設のタイプにより600PhP~3000PhP(約1,200円~6,000円)
  • 参考サイト:マウンテンビューネイチャーパーク フェイスブック

4位 – ラバ マウンテンリバーファーム(Lava Mountain River Farm)

街を離れずに落ち着いた雰囲気を感じることができる

Lava Mountain River Farm

ラバ マウンテンリバーファームは、家族との休暇や友人との旅行に最適です。また、セブの郊外から離れる必要はありません。
この緑豊かな葉と新鮮な空気の宝庫は若返りとリラクゼーションを与えてくれるでしょう。
リゾートの景観やデザインは素朴で自然な感じがあり、この美しい場所を訪れることで爽快な気分を得ることができます。
日帰りもしくは宿泊するにしても予約する必要がありますが、このリゾート施設は親切な対応と快適な施設を提供してくれます。

行き方

ラハグ(LAHUG)のJY Square(JYスクエアモール)からハバルハバル(Habal-Habal)に乗るか、または自家用車で行くこともできます。タクシーやグラブ(Grab)でも行くことが可能です。

  • 長所:観光客が少なくリゾート地を独占できます。
  • 短所:利用する際は必要最低限の人数で行く必要があります。
  • 入場料:1人あたり1日400ペソ(約800円)※8人以上の利用が必要
  • 客室料金:平日は1人あたり600ペソ(約1,200円)、週末は1人あたり750ペソ(約1,500円)※20人以上の利用が必要
  • 参考サイト:ラバ マウンテンリバーファーム リゾート

5位 – セレニティ ファーム アンド リゾート(Serenity Farm and Resort)

1日利用することができる豪華な高級リゾート


セレニティ ファーム アンド リゾートはセブのブサイ(Busay)にあるもう1つのリゾート地です。
日帰り旅行もしくは宿泊もすることも可能で、小規模の社員旅行や家族旅行に最適でシェフがその場で料理を提供してくれる高級レストランもあります。
このリゾートでは、ブサイ(Busay)の緑豊かな山々な風景を背後に広大な屋外プールがあります。
このリゾートを利用したい場合は予約する必要があり特に夏期休暇やクリスマス休暇中はすぐに予約でいっぱいになる傾向があるので早めに電話予約しなければなりません。
家族や友人とのんびりした休暇を過ごすのに最適でとても綺麗な場所です。

行き方

ラハグ(LAHUG)のJY Square(JYスクエアモール)からハバルハバル(Habal-Habal)に乗るか、または自家用車で行くこともできます。
タクシーやグラブ(Grab)でも行くことが可能です。このリゾート施設に連絡して、別料金でこのリゾート施設の交通サービスを予約することもできます。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11
  • 長所:豪華で高級感がある場所です。
  • 短所:予約には5000ペソ(10,000円)の預かり金が必要になります。
  • 客室料金:
    ハウス1 – 1泊あたり17,000ペソ(約34,000円)(最大16人)※人数を超過すると350PHP(約700円)
    ハウス2 – 1泊あたり10,000ペソ(約20,000円)(最大8人)※人数を超過すると350PHP(約700円)
  • 参考サイト:セレニティ ファーム アンド リゾート フェイスブック

6位 – イババオ マウンテンリゾート(Ibabaw Mountain Resort)

美しい風景がありリラックスした休暇を過ごせる


イババオ マウンテンリゾートは、手軽で自然豊かで快適な滞在先を探しているのであれば最適な場所です。
緑豊かな木々に包まれ本を読んだり、新鮮な空気を味わい、周りで鳥のさえずりを聞くことができる静かでリラックスした一夜を想像してみてください。
滞在中は、プールで泳ぎながら街のスカイラインの素晴らしい景色を眺めることができます。
ファミリールームもありリラックスした自然あふれるリゾート施設で家族や友人を連れてくつろぐ場所として最適です。
宿泊利用ではなく日帰り旅行でも、自然のコテージやカバナを利用することができます。このマウンテンリゾートは、休息を与えてくれ、フィリピンの家庭的な雰囲気を味わうことができます。

行き方

ハバルハバル(Habal-Habal)に乗りセブシティから約2時間、ヤチ(Yati)、リロアン(Liloan)へ行きこのリゾートへ行きます。
このリゾート施設に連絡して、別料金でこのリゾート施設の交通サービスを予約することもできます。

  • 長所:フレンドリーなスタッフがいてフィリピン独特の体験ができます。
  • 短所:ジプニーやバスなどの公共交通機関を利用して行くことはできません。
  • 入場料:大人は100ペソ(約200円)、2歳以上の子供は50ペソ(約100円)
  • 客室料金:部屋のタイプにより1800PhP~3500PhP(約3,600円~7,000円)
  • 参考サイト:イババオ マウンテンリゾート フェイスブック

7位 – パインツリーマウンテンリゾート(Pine Tree Mountain Resort)

家族での週末旅行に最適で穏やかに過ごせる高級リゾート

Pine Tree Mountain Resort

パインツリーマウンテンリゾートは、山岳地帯のバランガイ ガアス(Barangay Gaas)、バランバン(Balamban Cebu)の北にあり、街の喧騒から離れてリラックスするのに最適な場所です。なぜパインツリーマウンテンリゾートと呼ぶかとの理由はこのリゾートは緑豊かなスギの木々が並んでいるからです。バランバンの山々の頂上に位置し、リゾートからの眺めは穏やかな気分にさせてくれるでしょう。
このリゾートはオーナーの個人的な休息地でしたが、家族や友人での旅行や休暇の為にこの場所を借りたいと思っているの為にもオープンしました。
このリゾートでは、マウンテンビューを背景にした豪華で壮大に広がるプールと、筋肉の疲れをほぐしてくれるジャグジーもあります。
予約しないと行くことができませんが、この場所は素晴らしい光景と澄んだ空気を味わえる最高の体験ができるでしょう。

行き方

アヤラセンターセブ(Ayala Center Cebu)ターミナルからバランバン(Balamban)行きのトランスセントラル(Transcentral)V-hireを利用できます(1人あたり片道120ペソ(約240円))。
アドベンチャーカフェの手前のリゾート場所で降ろしてもらうように運転手に伝えてください。
自家用車で行くほうが便利です。この場所に慣れていない場合はWazeを使ってください。

  • 長所:ゴージャスなリゾート地です。
  • 短所:予約なしでは利用できません。
  • 入場料:1日あたりの使用料1500ペソ(約3,000円)※最低30名以上の予約が必要です。
  • 客室料金:1室1泊あたり6000ペソ(約12,000円)※利用するには3部屋以上予約する必要があります。
  • 参考サイト:Queen City of the South

8位 – セブヒドゥンパラダイス マウンテンリゾート(Cebu Hidden Paradise Mountain Resort)

冒険的な場所を探している場合は最適なリゾート

Cebu Hidden Paradise Mountain Resort

セブヒドゥンパラダイス マウンテンリゾートはセブの南部にあるマウンテンリゾートです。
このリゾートは、セブのサン・フェルナンドという市の人里離れた場所に位置し、社員旅行・家族旅行・友人との旅行などで楽しめる場所です。
レクリエーションやグループパーティーなどで多目的ホールを提供してくれます。山を散策したり、屋外スイミングプールや、日中を通して冷房を利用できる客室もあるので、夏のアクティビティには最適です。

行き方

セブシティの南バスターミナルから南部方面行きのバスを利用します。運転手にセブヒドゥンパラダイス マウンテンリゾートの通りで降ろして貰うように伝えてください。
そこからハバルハバル(Habal-Habal)に乗るか、または自家用車で行くこともできます。

  • 長所:大人数での旅行には最適なリゾート地です。
  • 短所:設備は少し古いものもあります。
  • 入場料:大人は100PhP(約200円)/5~8歳の子供は50PhP(約100円)
  • 客室料金:部屋のタイプにより1泊1室あたり600PhP~3500PhP(約1,200円~7,000円)
  • 参考サイト:セブヒドゥンパラダイス マウンテンリゾート ウェブサイト

9位 – カバダデラマリアリゾート(Curbada dela Maria Resort)

穏やかな自然の景観があり様々な自然の色を味わえる


カバダデラマリアリゾートは、セブ島の南部にあるマウンテンリゾートです。
リゾートの魅力は、セブ島の山を展望でき、アロギンサン(Aloguinsan)という場所のマウンテンリゾートのカラフルなデザインを楽しむことができます。
カバダデラマリアリゾートのカルダとはカーブ(曲がる)と訳され街の道路にそって山のカーブエリアにあることからそう名付けられました。
日帰り旅行やリゾートで宿泊することもできます。子供向けの施設(遊び場、プールなど)があるこのリゾートは、家族で過ごすのにも理想的で若い人たちにも人気です。

行き方

セブシティの南バスターミナルからアロギンサン(Aloguinsan)行きのバスに乗ります。リゾートは道路沿いにあり、このリゾートで降ろしてもらうように運転手に伝えてください。自家用車でも行くことができます。

  • 長所:子供に最適な場所で安価で家族旅行を楽しめます。
  • 短所:市内中心部からは少し遠い場所にあります。
  • 入場料:大人は150PhP(約300円)、10歳以下の子供は100PhP(約200円)
  • 客室料金:1泊1室あたりの宿泊ルームの種類に応じて1000PhP~3500PhP(約2,000円~7,000円)
  • 参考サイト:カバダデラマリアリゾート フェイスブック

10位 – セイントジョーンズカントリーパレス(St. John’s Country Palace)

セブの中心で静かな休息とレクリエーションが楽しめる


セントジョーンズカントリーパレスは、セブシティの高地にある高級リゾートです。
忙しい仕事を忘れ休暇を取りたい場合や人里離れた場所を探している場合は、ここで友人と過ごしたり特別な日に家族と過ごすには最適な場所です。
事前に予約しないと利用することができません。1人または2人でこの場所での旅行を計画したい場合は、少し高価かもしれませんが、街に近いリゾート地としては特典の1つです。
このリゾートのプールで泳ぎながら、静かでリラックスでき、セブの街並みの美しい景色を見渡すことができます。

行き方

リゾートは市内にあるので、ジープニーなどの公共交通機関でのアクセスが可能です。
62-Cまたは62-Bのジープニーに乗りピットオス(Pit-os)地区にあるタランバン(Talamban)に行くことができます。
運転手にセブインターナショナルスクールまたはリゾートのコーナーで降ろしてもらうように伝え、そしてフライングV(Flying V)ガソリンスタンドから歩いて5分~10分で到着します。
タクシーを利用したり、グラブ(Grab)アプリで車を利用したり、レンタカーを借りWazeを使用して行くことも可能です。

  • 長所:市の中心部に位置して行きやすいです。
  • 短所:事前に予約してからでないと利用できません。
  • 入場料:日中の利用20人で2000PhP(約4,000円)最大30人まで使用可能※20人以上1人増えるごとに150PhP(約300円)
  • 客室料金:12名で11500PhP(約23,000円)※1人追加毎に350PhP(約700円)
  • 参考サイト:セイントジョーンズカントリーパレス フェイスブック

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11