セブの南東部の旅行記

Experience Southeastern Cebu

私はいつもセブの南東部地方に行きますなぜなら2つのいい旅行場所があるからです。
1つは南西部のモアルボアルの「イワシの大群」と一緒に泳ぐことができます。
2つ目は南東側のオスロブの優しい巨人「ジンベエザメ」と一緒に泳ぎます。
swimming with the biggest fish
日本語ガイド付でGoPro貸出可能ツアーもあるので利用してみてください。
先週末私は南東側に再び行きましたが「ジンベエザメ」を見には行きませんでしたがブルーウォーターリゾートスミロンに行くことにしました。私がそこに着く前に、興味深く綺麗な場所をいくつか発見しました。
ダラゲテビーチパーク(Dalaguete Beach Park)イリロック(Ili Rock)ボルホオンチャーチ(Boljoon Church)ツマログ滝(Tumalog Waterfalls )オスロブのダウンタウンエリアです。

Southeastern Cebu map
いつも旅行に行く時は入念に計画を立てていきますが、突然計画を変えて、私が作った計画を破ってしまう友達がいます。
その場合は深く旅行計画について考えすぎずに旅行を続けます。先週の旅行もこのような感じでした。旅行計画の前に友人の何人かは天気が悪いという理由と他の用事があり参加せず結局1人で行くことになりました。

私はセブ南バスターミナルに土曜日の朝行きましたが天候は悪かったです。オスロブに行くチケットを買ってバスに乗りました。
バスに乗っている途中、私は携帯のGoogleを使いどこに行くべきか?何をすべきか?を調べていました。
私はダラゲテ(Dalaguete)とボルホオン(Boljoon)という場所があることを知りまだ行っていない場所であることだと分かりました。
ですので、私はバスの乗務員にオスロブに着く前にダラゲテ(Dalaguete)で降りることを伝えました。
バスドライバーは、「Welcome to ダラゲテ(Dalaguete)」の標識から数メートル離れたところで降ろしてくれました。そして私の素晴らしい旅は始まりました。

ダラゲテビーチパーク、ダラゲテ
ダラゲテにはセブ島で最も高いくて有名なオスメニャ・ピーク山があります。
ダラゲテビーチパークは美しい白い公共の公園と活気がありリラックスできる「セブの夏の首都」とも呼ばれています。
この公共ビーチリゾートは、ダラゲテのカサイ(Casay)の町にあります。地元の人々からもカサイビーチリゾート(Casay Beach Resort)と呼ばれています。
Dalaguete Beach Park, Dalaguete
私はこの静かな海岸を訪れました。美しい洞窟の柱に魅了され、ここへくることの期待を裏切らなかったのです。
この白いビーチは長くて広い岸があります。たくさんの背の高いヤシの木もたくさんあります。そして、綺麗な青い海があり、それを見ることでリラックスすることができます。海岸の波が岩にぶつかり海水が飛び散るのを眺めたり聴くのに最適な場所です。
beach
ダラゲテビーチパークやカサイビーチリゾート(Casay Beach Resort)は市町村が所有しており、午前7時から午後5時まで入場することができます。
ビーチリゾートには、200ペソから500ペソまで払うとレンタルコテージがあり、無料のカラオケ機もあります。ですので、ビーチを楽しんだり、友達や同僚とカラオケも歌うことができます。
もし喉が乾いたり空腹な時は、ビーチパーク内にスナックや飲み物を販売する地元の店もあります。
飲食物を持ち込み可能なので、それらを持って来ても心配する必要はありません。ただし、ダラゲテビーチパークに入る場合は、入場前に30ペソの入場料を支払う必要があります。
もし車を使い駐車する場合は20ペソが必要ですが、オートバイは無料です。
view
ダラゲテビーチパークに行く方法:

セブシティから、ジープニーかタクシーにのり南のバスターミナルに向かいます。
はじめにダラゲテ行かアルコイ(Alcoy)行き、またはバト(Bato)行きのバスを見つけてください。
旅行時間は約2・3時間で運賃は130ペソです。
ダラゲテビーチパークに通じるコーナーでバスの乗務員かバスの運転手に連絡して降りるように伝え下さい。
ビーチは国道から徒歩15~20分掛かります。距離にして約1.5キロメーターですので、徒歩で行くか、もしくは20ペソを支払いバイクを借りて行くことができます。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11

イリロック(Ili Rock)の展望台(場所:Boljoon, Cebu)
ダラゲテのカサイのすてきなビーチを楽しんだ後、私は本通りに戻り次の目的地に行きました。
アルコイの市町村はダラゲテに隣接していますが、数年前に行った経験があるので私はそこでは下車しませんでした。
次の目的地はボルホオンです。なぜなら最近多くの観光客が訪れ「イリロック」「ボルホオンチャーチ」の写真を取りインスタグラムにたくさんアップされ有名になりました。
Ili Rock View Deck, Boljoon
イリロックの展望台は2013年に作られました。なぜならセブ島とボホール島付近にマグニチュード7.2の大地震がおこり、その時期に山の一部が侵食されました。さらなる地すべりを防ぎ、町の安全を確保するために、政府は山の一部を削り取って水平にし、現在のイリロックの外観にすることにしました。
建設はまだ進行中ですので、無料で132段ある階段を登り頂上に行くことができます。途中で日陰がないので日焼け止めを持っていくことを忘れないでください。
municipality of Boljooon
私は約2時にボルホオンの町に着きました。その時間、太陽はまだ高かったですが、上がるのを止めず一番上まで行き景色を見ることができました。
10分の間、展望台に滞在し景色を眺めていました。
私はフィリピンの海の美しいパノラマの景色とボルホオンの町にある素敵な入り江を見ました。
展望台からの景色は太陽の熱の下でとても暑かったですがとても美しい景色だったのでとても価値がある時間を過ごすことができました。
Experience Southeastern Cebu

「端に立つことは安全ではありませんが、見通しは良いです。」とRicky Gervaisという人が言っていました。

ボルホオンチャーチ(Boljoon Church)
Nuestra Señora Patrocinio de Maria

ヌエストラ シノラ パトリシオ デ マリア(Nuestra Senyora Patrocinio de Maria)

ヌエストラ シノラ パトリシオ デ マリア教会または一般的にボルホオンチャーチとして知られている教会は、2001年に国立博物館によってフィリピンの文化財として宣言されました。
フィリピンでも残っている数少ない歴史的教会の一つです。
ボルホオンチャーチは、教会の宗教的目的を除いて、古代戦争中の襲撃を防ぐための避難所として機能する要塞教会でもありました。
教会全体はほとんどがサンゴの石でできており、その祭壇は純金の葉が被さり多色のアクセントで美しく装飾されています。
祭壇の最上部にあるその主な修復物も同じ材料でできており町の宝物です。もし集会がない場合には教会を閉めます。
この490年の歴史を持つ教会は、町の自治体によって適切に保存され、フィリピンのいくつかのバロック様式教会はユネスコの世界遺産へ検討されています。
Inside the Boljoon Church

ボルホオンチャーチ

ボルトオン エスクエラ カトリカ(Boljoon Escuela Catolica)
教会の要塞の中には、この「エスクエラ カトリカ(Escuela Catolica)」という古代建築があります。
1940年代、この建物は宗教教育の学校、小学校、最初の神聖な聖体拝領の前に子供が使用する寮でした。現在のところは、宗教的会合の会場になっています。
1940 Escuela Catolica

1940 Escuela Catolica

ボルホオンへの行き方:
セブシティから、ジープニー、グラブ、またはタクシーでセブ南バスターミナルに向かいます。
オスロブまたはサンタンデールへ行きのバスを探します。バスの添乗員にボルホオンで降りるように伝えます。
ボルホオン教会とイリロック(Ili Rock)の展望台は、バスから降りるとすぐに行くことができます。エアコン付きバスは140ペソで、非エアコン付きバスは130ペソです。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11