リゾートビーチだけではない。一度は訪れるべきセブの滝10選

セブの滝10選

No. 1 – カワサンの滝(Kawasan Falls)

Kawasan Falls

最も最適なアウトドアアクティスポット

もし活発で冒険的なスポーツや旅行がしたければセブの南にあるバディアン地区のカワサンの滝に行くべきです。
この滝はアウトドアアクティビティできる場所で国内で最も人気のある観光地です。
いかだに乗り滝を通り抜けることができます。滝は三層あり滝の下で泳いだりピクニックを楽しんだり滝の周辺でおいしい食事を楽しむことができます。

  • 長所:冒険的なアクティビティが満載の場所です。
  • 短所:夏や休日、週末などは特に混雑することがあります。
  • 入場料:1人あたり45ペソ(約90円)
  • 参考サイト:https://tabinaka.co.jp/tour/268

行き方

セブサウスバスターミナルから、バディアン(Badian)またはバリリ行きのバスに乗車し、カワサンキャニオニングのスタート(Kawasan)地点で降りるように運転手に伝えてください。
そこからオートバイを雇い滝の入り口の駐車場に入ります。そこから、メインの滝に着くためには1.5キロあり徒歩で約20分ほど掛かります。

No. 2 – アギニッドの滝(Aguinid Falls)

Aguinid Falls

アウトドアアクティビティを満喫できる場所

アギニッドの滝は滝がたくさん重なりあっています。
キャニオニアリング(高い場所から水面へ飛び降りる)ができる点ではカワサンの滝より遅れていますが、さらに冒険的な体験をしたい場所を探しているのならこの場所がベストです。
アギニッドの滝をアウドア愛好家にアピールする1つは、滝までのトレッキングです。
次の滝へ行くためには、流れる川を歩き、竹の橋を通り抜けロープを使って登る必要があります。これらの体験は冒険的でアドレナリンがでるでしょう。その後は、涼しい滝壺でひと泳ぎしたり、キャニオニアリング(高い場所から水面へ飛び降りる)したりすることができます。

  • 長所:息をのむような5層の滝があり割と行きやすいです。
  • 短所:ツアーガイドが必須なので時にはスリルを奪ってしまうことがあります。
  • 入場料:1人あたり30ペソ(約60円)※ツアーガイド料が必須で別途100ペソ(約200円)必要

行き方

セブサウスバスターミナルから、バリリ(Barili)行きのバスに乗り、サンボアン(Samboan)のタンボ(Tangbo)にあるアギニッドの滝で降りてください。
アギニッドの滝の分岐点に到着したら、滝までの入り口まで標識に従って徒歩で約10分~15分でいくか地元の人に聞いて行ってみてください。

No. 3 – イナバカン・カンパエルの滝(Inambakan and Kampael Falls)

ヒナティラン(Ginatilan)の中心にあるとても良い景色の滝


イナバカン滝は、100フィートの高さにあり、メインの滝は8フィート(約2.4メートル)の深さの流域を誇る多層の滝です。
もし大胆で勇気がある人であれば、メインの滝を登って中層エリアまで行き、40フィート(約12メートル)の高さからダイビングをして勇気を試すことができます。
滝の裏側を通り抜けることもできます。
Kampael Falls

Photo Credit:SUGBU.PH

イナバカン滝満喫したら、カンパエルの滝へ険しい道を歩いて約10分で行くことがことができます。ゆったりとした滝で、素晴らしい写真を撮ったり滝の下で泳ぐこともできます。

  • 長所:スリルを求める人にとっては最高の滝です。
  • 短所:イナンバカン滝の上層は少し落ち着いている。
  • 入場料:1人あたり40ペソ(約80円)
  • 参考サイト:Ultimate Guide to Inambakan Falls

行き方

サウスバスターミナルでバリリ(Barili)経由でバト(Bato)行きのバスに乗ります。
運転手にヒナティラン(Ginatilan)で降りてカンパエルの滝(Kampael Falls)へ行きハバルハバルに乗っていくことができます。

No. 4 – ダオの滝(サンボアン)Dao Falls (Samboan)

日当たりの良いサンボアンにある風変わりで壮大な滝

DAO FALLS
ダオの滝は、セブで最も過小評価されている滝の1つになっています。滝の素晴らしさは、高くて強大で紺碧の青い滝壺へ水が落ちる様がとても絶景です。滝の下のプールで泳ぐ体験は冒険的です。
滝までは歩いて30分~45分ぐらい掛かりその道のりは腰までの深さがある水面を通ったりするので十分な準備運動をしていく必要があります。
滝までの道のりは岩があったりするので滑りやすく不安定です。経験豊富なガイドなしで初心者のみで行くことはお勧めできません。
トレッキングしている間の風景はとても綺麗です。壮大な岩や峡谷を歩いている間は緑豊かな木々や葉の毛布の中に包まれます。
滝に着くための道のりは長くて困難ですが、ダオの滝を見るとすぐにその疲れを忘れることができるでしょう。

  • 長所:混雑していおらず穏やかな場所です。
  • 短所:滝への道は初心者の人にとっては危険です。
  • 入場料:1人あたり60ペソ(約120円)※ツアーガイド料が必須で別途100ペソ(約200円)必要
  • 参考サイト:The Magnificent Dao Falls in Samboan – Lola Pureza’s

行き方

サウスバスターミナルでバリリ経由でバト行きのバスに乗ります。
サンボアン(Samboan)でダオの滝で降りて、そこからハバルハバルを利用していくことができます。

No. 5 – ツマログの滝(Tumalog Falls)

壮大なカーテンのような滝

Tumalog Falls
オスロブ(Tan-awan Oslob)にあるホエールウォッチングに行く前に、バスか車で美しいツマログの滝(Tumalog Falls)へ行くことができます。
巨大なこの滝はターコイズ色の滝壺がありSNSなどで投稿したことによりこの滝は有名になりました。
緑のコケで覆われた岩で作られた広大な壁に滝の水が落ちて細かく水しぶきをあげる光景は見るべき光景です。
壮大な滝の素晴らしさがあり、たくさんの地元や外国の観光客が訪れます。
最近、オスロブの政府は町の給水システムを供給するためにツマログの滝の水源を使用しておりこの滝の資源が減っています。滝を訪問することがあれば、水の資源が減っているのが分かるでしょう。政府がこの自然の美しさを維持するための行動を起こすことを願っています。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11
  • 長所:冒険好きな人には好評な滝です。
  • 短所:滝に行くまでの道は行きにくいです。
  • 入場料:1人あたり25ペソ(約50円)

行き方

サウスバスターミナルでオスロブのバト行きのバスに乗ります。
運転手にMBサンライズビューリゾートで降ろしてもらい、ツマログの滝の看板を見てください。
ツマログに行くハバルハバルに乗って滝のゲートにいくか、ゲートから滝までモータバイクで行くかそのまま約15歩いて行くか選べます。

No. 6 – ビナラヤンの滝(Binalayan Hidden Waterfalls)

この滝の名前は隠すという名前の滝ですが実際には隠されていません

Binalayan Hidden Falls
Photo Credit:Cebu City Tour

サンボアン(Samboan)にあるもう1つの美しい宝石のような雄大なこの滝は、地元では “Triple Drop Falls”と呼ばれています。
この滝の高さは約60フィート(約18メートル)あり3層に分かれている滝です。その名は「隠れている」のですが、この美しい滝はまったく隠れていません。
道路の脇には、目的地まで行くことができる看板がありこの場所は、人気の滝めぐりスポットです。
ほとんどの滝巡りにくる観光者はこの滝のジャンピングスポットを訪れます。滝の場所によっては浅い場所があるのでジャンプする際には注意が必要です。

  • 長所:見つけやすい人里離れた美しい滝です。
  • 短所:いくつかの滝は少し浅くてジャンプするには危険です。
  • 入場料:1人あたり40ペソ(約80円)

行き方

セブサウスバスターミナルから、サンボアン行きのバスに乗車します。
サンボアン(Samboan)のポブラシオン(Poblacion)の町に着いたら、ハバルハバルに乗ってビナラヤンの滝に向かってください。

No. 7 – カンブガハイの滝(Cambais Falls)

アレグリア(Alegria)の魅惑的な自然がある美しい滝


この滝はモアルボアルで有名なサーディンラン(イワシの群れ)から1時間、カワサン滝から30分の場所にあります。
もしセブの南部の地域にいるのであればこの場所に訪れるべきです。
カンブガハイの滝は3層ありスイミングと崖からジャンプするのに最適な場所です。6フィート(約1.8メートル)、8フィート(約2.4メートル)、10フィート(約3メートル)からジャンプできる場所があります。
リラックスして冒険的な一日の休暇を探しているならこの場所は最適です。この見晴らしのよい滝へ向かう道のりは入口から2分以内で行ける為それほど険わしいものではありません。

  • 長所:アクティビティが好きな人には最適な滝です。
  • 短所:滝の高さは高いですが幅は狭い為、混雑しやすいです。
  • 入場料:1人あたり50ペソ(約100円)

行き方

セブ南バスターミナルからアレグレア(Alegria)へバスで向かい
アレグレア(Alegria)の町に着くとカンブガハイの滝行きのハバルハバルを利用してください。
滝に近づくと道は険しく岩が転がっている為、乗車の際はとても揺れるので気をつけてください。入り口に着いたら、滝はわずか数分の距離です。

No. 8 – Bugasok Falls (Argao)

喧騒からの日常を忘れて平穏な休暇を満喫できる


Bugasok Fallsはキャンプ、トレッキング、そして自然と共に1日を過ごすのに最適な場所です。
アルガオ(Argao)のジャングルの中にあるこの滝は長い間知られていなかったですが、非常に魅力的である為ますます多くの観光客が南部のセブ地域に訪れるようになりました。
この滝は遠くて少し危険な為、政府が行っているツアーを利用して行ってみてください。滝に訪に訪れる何日か前にアルガオ(Argao)の政府が行っているツアーへ予約してください。

  • 長所:野生の真ん中にある純粋な自然の滝です。
  • 短所:滝へまでの道のりは少し険しい道のりです。
  • 入場料:1人あたり40ペソ(約80円)

行き方

アルガオ(Argao)まで行くためには、セブバスターミナルからオスロブ(BATO経由)に向かうリロアン港(Lilo-an Port)行きのバスでアクセスが可能です。
アルガオ(Argao)のバス停で停車してもらうように運転手に伝えることを忘れないでください。

No. 9 – マンタユパンの滝 (Mantayupan Falls)

バリリ(Barili)という場所にある信じられないほど高い滝


This photo of Mantayupan Falls is courtesy of TripAdvisor
この滝はセブの最も高い滝の1つであり、バリリの小さな町にあります。
2層に分かれている滝で、1つの滝は14メートルありもう1つの滝は98メートルもの高さがあります。
他の滝とは異なり、壮大なマンタユパンの滝までの道のりは簡単に歩いていくことが可能です。
バリリはセブ市からバスで2時間程度です。バリリの町に到着したら、マンタユパンの滝に行く為にハバルハバルを利用する事をお勧めします。入り口から最初の滝までは数分で到着することが可能で、最初の滝から一番高い滝までは徒歩5分で到着することができます。
この滝は人気のために、政府は訪問者の利便性を向上するためにその場所を開発しています。

  • 長所:簡単に行くことができる滝です。
  • 短所:週末はとても混雑します。
  • 入場料:1人あたり20ペソ(約40円)

行き方

セブサウスバスターミナルからバリ行きのバスに乗り、バスのスタッフまたはバスの運転手にShamrock Bariliで降ろしてもらうように伝えてください。
その場所に着いたら、マンタユパンの滝の入り口に連れて行ってくれるフレンドリーなハバルハバルドライバーがたくさんいます。

No. 10 – Kabutungan Falls

くつろぐことができ自然とつながるのに最適な場所


セブ島の南部には数多くの滝があり、その1つはマラブヨック(Malabuyoc)のロオク(Looc)地区の森の真ん中にあります。
当時、滝はマヌエル・マスカルド氏(Manuel Mascardo)とその家族によって発見され管理されていました。彼らは雄大な滝の近くに小さなリゾート地を作りました。
滝までの道のりは少し険しく川を渡ったり、スイミングや頂上に行くためにロープを使い行かなくてはいけません。歩道は確かに険しく冒険そのものですが、カワサンの滝を一目見ただけで、それまでの道のりや疲れなどすべてを忘れ和らげてくれます。

  • 長所:魅惑的で静かな滝です。
  • 短所:滝までの道のりは険しく慣れないと少し危険です。
  • 入場料:1人あたり10ペソ(約20円)

行き方

セブサウスバスターミナルから、マラブヨック(Malabuyoc)に向かうバスに乗り、マラブヨック教会(Malabuyoc Church)で下車します。
そこから、ハバルハバルに乗り、20ペソ(約40円)で滝に行くことができます。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11