フィリピンの人気のビールベスト10選

beer

フィリピンには豊かな文化や綺麗なビーチがあり、人々のおもてなしも素晴らしいことでよく知られています。またフィリピンの人は、ビールをとても好んで飲まれています。
休日や家族の集まりや町の祭りなどのイベント時には常にビールを飲みます。仕事の後では、よく「一杯飲みに行きましょう」と言うことも少なくありません。
ビールは「サリサリ」(地元の小さなお店)からレストラン、そしてスーパーマーケットまでどこでも売られています。有名なビールからクラフトビールまで、地元で醸造されたビールが数多くあります。

1位 レッドホース(Red Horse Beer)

飲むとその名前を理解することができるでしょう。

Red Horse Beer

レッドホースはアルコール度数が6.8%あります。
フィリピンで世界クラスの地位に達した最初の超強力ビールの1つであり、外出時に友人達同士で飲むととても最も好まれるビールです。
その成分は高いホップの含有量の為に、甘さと苦味が調和され深く色のついたラガービールです。
1リットルのボトルのビンに入っているのでレッドホースは通常の量より多く、他のビールに比べてアルコール度も高い為に飲み過ぎると酔いやすくなります。
このビールは、ほとんどのスーパーマーケットやコンビニエンスストアですぐに入手できます。

2位 サンミゲル ペールピルセン(San Miguel Pale Pilsen)

昔からあるビールなのでお年寄りに人気のあるビールです。

San Miguel Pale Pilsen

サンミゲル ペールピルセンはアルコール度数が5%あり1890年に作られ、サンミゲル醸造所の主力ビールになりました。
なめらかでバランスの取れたミディアムボディを持つ淡いラガーテイストです。このビールは有名ですが若い人はあまり飲みません。このビールは、遠く離れた地域でも、スーパーマーケット、レストランなどで広く購入できたり飲むことができます。

3位 サンミゲルライト(San Miguel Light)

カロリーを気にせずに飲むことができる。

San Miguel Light

サンミゲルライトはアルコール度数が5%あり、今ではフィリピンでの最高のビールになりました。アメリカンスタイルの軽いラガーで100カロリーだけの滑らかな味わいで後味もいいです。
若い人達(もちろん18歳以上※フィリピンでは飲酒は18歳以上可)は、かっこいいイメージを持っており、カロリーが低い為、ダイエットを気にせずこのビールを飲むことができます。
これらの人気を考えると、サンミゲル ペールピルセンと同様にどこでも売られておりすぐに見つけることができます。

4位 ブルーケトル(Brew Kettle)

高級なビールですが簡単に手に入れることができます。

Brew Kettle

ブルーケトルはアルコール度数が5.3%あり、アジア醸造所(Asia Brewery)によって醸造されたベルギースタイルのウィットビール(白ビール)です。
ウィットビールは、文字通り小麦ビールと訳されています。注がれたときのビールの色はかすんだ淡い金色の色がその名前の由来です。しかし、ブルーケトルは本物のウィットビールと同じではなくフィリピンの味と気候に合うように作られたビールです。このビールは、ライム、スパイス、ペッパーを基調とした甘みの少ないオレンジピールアロマ風味です。

5位 ビール・ナ・ビール ペールピルセン(Beer na Beer Pale Pilsen)

このビールはサンミゲル ペールピルセンより安いので多くの人が好んで飲まれています。

Beer na Beer Pale Pilsen

ビール・ナ・ビール ペールピルセンはアルコール度数が5%あり、サンミゲルのペールピルセンのライバルビールです。これら2つのピルセンの類似点は、その滑らかで清潔感のある味がありボトルの外観にまで似ています。
このビールは非常に安いですが、数軒のスーパーでしか入手できないかもしれません。低価格でのレストランで提供されているのを目にすることはあまりないでしょう。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11

6位 ゴールデン イーグル(Gold Eagle Beer)

都市から離れた地方でよくゴールデン イーグルを飲まれています。

Gold Eagle Beer

ゴールデン イーグルはアルコール度数が4.55%あり、軽やかな風味で手頃な価格で購入することができます。
フィリピンの地方でのパーティーではこのビールがよく飲まれていました。その時、地元の人々は何十年もの間このビールを「イゴール」と呼んでいました。
フィリピン市場でこのビールが売られると、労働者階級の人々は安かったので好んでこのビールを飲んでいました。軽いテイストの為に飲みやすいと思う人も多いようです。
このビールはスーパーマーケットやレストランではめったに見られず、フィリピンの一部の地方で入手可能です。

  • 長所:飲みごたえと価格を抑えたことに焦点をあてた、フィリピン市場を開拓するもう一つの伝統的なビールです。
  • 短所:アルコール度数が低くやや水ぽい味がします。
  • 価格帯:低価格
  • 参考サイト:http://sanmiguelbrewery.com.ph/popup07.html

7位 サンミゲルスーパードライ(San Miguel Super Dry)

なめらかでさわやかなプレミアムビール

San Miguel Super Dry
出典:SMB DELIVERS

サンミゲルスーパードライはアルコール度数が4.88%あり、私の同僚も好んで飲んでいるビールです。一般的なサンミゲルビールより少し高価格ですが、この軽やかなラガーの口当たりが良くてすっきりしています。
苦みとのバランスもとれていて、飲んだ後の感触もよく熱帯のフィリピンの天候の中でその熱さを癒すのに最適なビールです。

8位 サンミゲル フレーバー(San Miguel Flavored Beer)

普通のビールですがとてもユニークなテイストです。

San Miguel Flavored Beer

サンミゲル フレーバーはアルコール度数が3%あり、このビールを通じて社交的に飲む場などを提供し若い人やこのお酒のファンを増やしています。
リンゴとレモンの2種類あります。リンゴテイストは、若い人達に特に好まれています。サンミゲルに味を加え工夫したことで話題性を与え多くの人が飲むようになりました。
その風味は、90年代後半に広まったカリーシャンディ(cali shandy)のようなテイストを思い出させてくれます。アルコール度数3%と低いビールの風味からとても滑らかな飲みごたえで友達と軽く飲みたい時には最高のビールです。

9位 コルト45(Colt 45)

アルコール度数が高めで飲みごたえのあるビール。

Colt 45
出典:GOOGLE IMAGES

コルト45はアルコール度数が7.2%あり、米国ブランドのビールですがフィリピンで醸造許可を持っています。アルコール度数が高い為に多く飲み過ぎるとすぐに酔ってしまいます。
このビールはフィリピンの他の主流のラガーと比較してより強い麦芽風味を持っています。レッドホースのようにこのビールは1ボトル飲むとすぐにビールを通して友達と楽しむことができます。
レストランやコンビニエンスストアではあまり見かけませんが、最近では全国のスーパーマーケットでよく販売されるようになってきました。

  • 長所:このビールはアルコール度数が高く飲みごたえがあるので週末にこれを飲んでリフレッシュすることができます。
  • 短所:飲みすぎると二日酔いになるので飲む前に飲み過ぎないようにウコンなどを飲んだ方がいいでしょう。
  • 価格帯:低価格
  • 参考サイト:https://www.facebook.com/Colt45OfficialFanPage/

10位 サンミゲル プレミアム オールモルト(San Miguel Premium All-Malt)

フィリピンビール愛好家はこのビールを飲みます

San Miguel Premium All-Malt
出典:SMB DELIVERS

サンミゲル プレミアム オールモルトはアルコール度数が5%あります。
もしプレミアムビールを探していて、このビールを飲むと最高の気分になれます。
セクシーなボトルから注がれ甘くて麦芽の香りのよい炭酸飲料と口の中で泡がはっきり感じ取れ、このビールは間違いなくビール愛好家の感覚をくすぐります!
マーケティングや広告に力を入れていない為に、このビールがレストランやスーパーマーケットで売られるのを見ることはめったにありませんが、このビールを見つけた時は、とても貴重なので是非買って試して見て下さい。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11