「Bo’s Coffee」ボスコーヒーでフィリピン産のコーヒーを堪能。

Bo`s Coffee

忙しい時はボスコーヒに行きます。
アメリカのワシントン州のシアトルにスターバックスコーヒーがあるように、フィリピンのセブにはボスコーヒーがあります。
このコーヒーショップはセブシティで生まれ育ったスティーブベニテズが設立しました。彼はコーヒーを愛しセブのアヤラセンターモールに1996年に最初のボスコーヒーを開設しました。
2017年11月現在、ボーズ・コーヒーにはフィリピン全土に100の支店があり、そのうち30支店がセブシティにあります。
ボスコーヒーの社長兼創業者は、2020年までに200の支店を開設することを目標としています。
shop
2010年、私はブラック・コーヒーとエスプレッソを飲み始めました。バニラードという場所のボスコーヒーであった友達にコーヒーを教えてもらい感謝しています。
現在、多くのスペシャリティコーヒーのコーヒーショップがオープンしていますがボスコーヒーを気に入っています。なぜならボスコーヒーはコルディジェラ地方の高地にあるサガダ(Sagada)ベンゲット州(Benguete)からの地元産のシングルオリジンコーヒー豆に焦点を当てたからです。その豆はブキドノンという場所のキタングラッド山、コタバトのマチュータム山、ダバオのアポ山から採取されます。したがって、ボスコーヒーはスターバックスコーヒーのような典型的な商業コーヒーショップではありません。
beans
サガダコーヒー
甘くてピーナッツのようで、バランスよくチョコレートと新鮮なタバコの香りがります。

キタングラッド山コーヒー
香りが軽いです。

マチュータム山コーヒー
ベリーの香りで酸っぱいくカルダモンの香りがします。

アポ山コーヒー
始めは甘くて土ぽい香りで後味はブラウンシュガーと軽い酸味です。

ベンゲットコーヒーのアトックとアンプカオ
ハーブとワインの香りがしていてとてもよくバランスがとれている香りです。
beans
これらのアラビカのコーヒー豆は、コーヒーの専門家によって慎重に分類され、点数化され、毎回最良の美味しいコーヒーを毎日提供しています。
ボスコーヒーが提供するコーヒーの中で、私は個人的にベンゲットから自家製のコーヒーを淹れることが好きです。
ベンゲットコーヒーはコーヒー豆を煎り水温、焙煎方法を正しく作るとポメロとアプリコットとレモングラスの味がします。
あなたがコーヒー豆を買ったとき、バリスタにコーヒー豆の家での煎り方を正確に確認してください。または自宅でコーヒーの醸造キットを持っている場合は、煎っていない豆を買うことをお勧めします。コーヒーのすばらしい味を得るために醸造直前に豆を煎るようにしてください。
French Press V60 Dripper

左:フレンチプレス ; 右: V60 ドリッパー

ボスコーヒーがフレンチ・プレスプアオーバー・メソッドでコーヒーを提供し始めたのはそれほど長くはありません。
彼らがそれらの専門のコーヒーを提供しているので、これらの醸造の方法は、ボスコーヒーの顧客が質とおいしいコーヒーを体験できます。
注文したい場合は、あなたのバリスタに尋ねて、自家製の豆を選び、どの方法で提供して貰いたいか聞いてください。
Super Moist Dark Cake
スーパーモイストダークケーキ(105ペソ/1スライス); ドリップコーヒー(110ペソ)
私はボスコーヒーと一緒にスーパーモイストダークケーキ(1スライスあたりP105)を食べることが大好きです。
このチョコレートケーキ以外にも、彼らは古典的なブルーベリーチーズケーキ、チーズケーキ、ストロベリーチーズケーキ、レッドベルベットケーキ、キャロットケーキ、カップケーキ、マフィン、そしてドーナツがあります。
ボスコーヒーで昼食を食べるなら、パスタ・ボロネーゼやカルボナーラをお勧めします。
もし軽めの朝食を取りたいならスリーチーズサンドウィッチかチーズツナサンドウィッチを選んでみてください。私はチーズツナサンドウィッチが好きなのでこれを選ぶでしょうが。
Pasta Bolognese

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11
パスタボロネーゼ(185ペソ)

古典的なトマトベースのパスタと豚肉がありチーズがかかっています。
Pasta Carbonara

パスタカルボナーラ(185ペソ)

クリームホワイトソースベースのパスタ、ハムとチーズがトッピングされています。
Three Cheese Sandwich

スリーチーズサンドイッチ(175ペソ)

モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、ローカルラグナ・ケソン・プティチーズを使ったサンドウィッチ

私のような早起きができる人は、ボスコーヒーで朝食を取ってみてください。ボスコヒーではあなたの口に合った朝食メニューを豊富に取り揃えています。
ボスコーヒーではフィリピンの食べ物から西洋の食べ物(ハンバーガーやベジタリアン)まで様々揃っています。
Three Cheese Omelet

3つのチーズオムレツ(195ペソ)(テイクアウトボックス内)

モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、ローカルラグナチーズを使いタマネギとニンニクが入っています。
Drip Coffee
ドリップコーヒー(110ペソ)、ピスタチオグリーンティーフリーズ(185ペソ)、ホットクリームラッテ(145ペソ) 
おいしいコーヒーと食べ物を以外にも、ボスコーヒーはあなたにとってリラックスできる最高の場所です。学生は勉強に集中できる場所であり、ビジネスマンなどのにとってはミーティングで利用できますし友人とも会話を楽しめる場所です。また、午後に休憩やコーヒーを楽しむ場所としても利用できます。
快適な椅子とソファと居心地の良い穏やかな音楽、必要な場合はWiFiがあり、ノートパソコンや携帯電話を接続できるコンセントもあります。他に何を求めますでしょうか?
Chairs and tables for solo customers and for groups

一人のお客様やグループのための椅子とテーブルがあります。

Left: Outlets for your devices ; Right: WiFi vouchers for 2 hours
左:ノートパソコンや携帯電話を接続できるコンセント。 右:WiFiは2時間利用できます。

私はとても幸運です。なぜなら近くに2つのボスコーヒーがあるからです。1つは私の場所からあるいてすぐの場所で、もう1つは近くのショッピングモールにあります。
ショッピングモールのボスコーヒーは快適な空間だと感じますが、近くのボスコーヒーは、おいしい食べ物と同じ品質のコーヒーを提供してくれています。だから、私はそれについて何の問題もありません。

Bo’s Coffee , Northdrive Cebu
Address: Unit 102 & 103, Ground Floor, NorthDrive Mall, Ouano Avenue, Mandaue City, Cebu
Store Hours: 7:30 am – 9:00 pm

Bo’s Coffee, Parkmall
Address: Unit 11 G/F, Al Fresco Area, 168 Ouano Avenue, Mandaue Reclamation Area, Mandaue City, Cebu
Phone Number: +63 32 236 7298
Store Hours: 8:00 am – 11:00 pm

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11