海鮮・お肉を満喫。セブで最高のバーベキューハウス10選

バーベキューは多くのセブの人々に愛されている食べ物です。ここセブでは、屋台、ファーストフードチェーン、さらには高級レストランで販売されている様々な種類のバーベキューを見つけることができます。
鶏の串焼き、豚肉、魚、ソーセージ、エビ、イカなどなんでもあります。このブログでは、セブの私のお気に入りのバーベキューハウスのトップ10をお伝えします。

ラーシャン(Larsian)

BBQ choices in Larsian
ラーシャンでのBBQ

ラーシャンは、セブでも最高のバーベキューレストランです。バーベキューについて話す時はセブの人々はまずこのレストランを頭に思い浮かべるでしょう。ですのでラーシャンでバーベキューを食べずにセブを去ることはセブ旅行を完了したことにはなりません。
ラーシャンは1つのレストランではなく、お店の中にたくさんのバーベキュー屋台が集まっています。一度足を踏み入れると、多くのお店のスタッフがバーベキューを食べるように勧めてきます。でまるで有名人になりファンの大群に囲まれたように感じるでしょう。
お店を決めると、スタッフはお店に案内してくれあなたが選んだバーベキューを座っているテーブルまで持ってきてくれます。BBQのグリルからは新鮮なスモークが舞い上がります。通常のバーベキューの他にも魚のシチュー、シーフードスープ、デザートなどもあります。もしお酒が飲みたければビールも提供してくれます。新しくオープンしたこれらのレストランは清潔な環境なのでより食事を楽しむことができます。
営業時間: 24時間営業
平均価格: 2人で約250ペソ(約500円)
住所: Don Mariano Cui Street, Capitol Site, Cebu City

AA BBQ

BBQ

The Original AA BBQ

オリジナル AA BBQ

セブのもう1つの有名なバーベキューレストランは、AA BBQです。
このレストランは昔からセブにあります。地元の人々に奉仕することを目的とした小さなバーベキュー屋台としてセブのラフグ(Lahug)という場所から始まりました。その数年後、この小さな屋台はより快適なバーベキューレストランへと変わり今ではセブで20店舗以上もの支店があります。予算にもやさしいくリラックスした雰囲気・礼儀正しいスタッフがいます。
入り口で、食材を選ぶエリアに案内してくれ食べたい物を選び調理方法を指定して調理をして貰います。焼いたり、揚げたり、または煮込んだりあなた好みで調理をしてくれます。
エビ、ホタテ、魚、イカなどの新鮮な魚介類をお勧めします。サラダが必要な場合は、サラダもありフルーツジュース、シェイク、デザートもあります。
営業時間: 11:00~深夜1:00
電話番号: 032 2382185
平均価格: 2人で約350ペソ(約700円)
住所: Salinas Drive, Lahug, Cebu City (セブであと10の支店があります)

マティアス(Matias)

Matias BBQ in A.S. Furtuna
Matias BBQ in A.S. Furtuna

マンダウー地域に滞在してバーベキューを探しているならマティアスの野外バーベキューハウスは是非行くべき場所です。
もともとこのお店は、A.S. フォーチュナ ストリート(A.S Fortuna St)沿いの巨大な果物の木の下の小さなバーベキュー屋台として始まりました。長年にわたり、この小さなバーベキュー屋台は空腹を満たす人々により繁盛していきました。
グリルエリアでは、豚、鶏肉、チョリソ(セブスタイルのソーセージ)などのお肉がたくさんあります。まずはこれらのお肉を選びその後はスタッフが調理をしてくれます。そしてテーブルに案内され、プッソ(ココナッツな葉に包まれたライス)を提供してくれます。
ソーダやビールもあり、新鮮なフルーツシェイク、特にグリーンマンゴーシェイクを試してみることをお勧めします。
営業時間: 11:30~22:00
電話番号: 032 3452164 / 032 3469123
平均価格: 2人で約300ペソ(約600円)
住所: A. S. Fortuna Street, Banilad, Mandaue City

ヤクスキ(Yakski)


私はよくこのドン・マリアーノ・クイストリート(Don Mariano Cui Street)の支店に行きます。なぜならバーベキューをしても換気が良いので煙が充満せず雰囲気も家庭的で好きだからです。
このバーベキューハウスは他にも、セブITパーク、ガイサノセイバーズマートとマクタン島にもあります。ヤクスキの屋外の雰囲気と岩の床は、典型的な裏庭のバーベキューハウスのようです。
ポークバーベキュー、チキンの脚、チキンの胸肉、マグロ、チョリソ(セブスタイルソーセージ)があり秘密のバーベキューソースと食べるととても美味しいです。
特に週末は混み合うので早めの時間がお勧めです。
営業時間: 11:30~14:30 (ランチ) / 5:00pm~24:00 (ディナー)※平日
電話番号: 032 2543977
平均価格: 2人で約300ペソ(約600円)
住所: 268 Don Mariano Cui Street, Capitol Site, Cebu City (セブであと2つ他の支店もあります)

ハリソンパーク(Harrison Park)

Harrison Park in Mandaue, Cebu

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11
マンダウエシティにあるハリソンパーク

ハリソンフードパークは、おそらくセブでも最も古いフードパークの1つです。このフードパークでは、BBQ、スープ、シシグ(肉の炒め物)などのおいしいおつまみを食べながらお酒も飲むことができます。
このフードハウスは、屋外でビールやバーベキューを味わうことができます。リーズナブルな価格のため、ハリソンパークは若者や学生に愛されています。ですので友人とのフライデーナイトの時間はハリソンパークで過ごすのがお勧めです。
セブシティには3つの支店があり、1つはITパークとオルヘリオストリート(Urgello Street)にありもう1つはマンダウエシティのパークモールの裏側にあります。マンダウエ支店は、屋外にある為よりオープンで綺麗なので個人的には大好きな場所です。
営業時間: 16:00~深夜2:00※平日
電話番号: 032 4182058
平均価格: 2人で約350ペソ(約700円)
住所: Jamestown Mantawi International Drive, Tipolo, Mandaue City (セブであと2つ他の支店もあります)

KKD STK & BBQ


KKD STK & BBQは食べたり飲んだりすることができデートやリラックスするのに最適な場所です。おいしくて手頃な価格で優れたサービスがあるのでとても人気です。
レストランからはセブの海を眺めることができ、その雰囲気はとても素晴らしいので多くのリピーター客が多いです。
またこのレストランは、BBQだけではありません。この店の名前STKの「S」はSUGBA(グリル)、「T」はTUWA(スープ)、「K」は「KILAW」(生)を意味します。甘く調理されたバーベキュー、ポチェロ(フィリピンのシチュー)、クリスピー・パタ(豚足を揚げたもの)、鉄板焼きなどもお勧めです。
このお店は1週間の仕事終わりの友人や家族とのくつろぎの場所に最適です。またこの場所やフィリピン料理によりセブの人々と外国人とのコミュニケーションの場としても役立ちます。
営業時間: 10:00~22:00※平日
電話番号: 032 2316378 / +63 9177000499
平均価格: 2人で約600ペソ(約1,200円)
住所: M. C. Briones Street, San Roque, Cebu City (セブであと1つ他の支店もあります)

バーベキュー ボス(Barbecue Boss)

You’re the Boss at Barbecue Boss
You’re the Boss at Barbecue Boss

このレストランは典型的なバーベキューハウスではなくビールを飲む人のお気に入りのたまり場ともなっています。週末に友達とたむろしてお酒を飲んだりただリラックスしたりするのに最適な場所です。
特製のグリルメニューの他に、スープ、鉄板焼き、野菜、麺類、揚げ物などもあります。このバーベキューハウスは24時間年中無休で営業しており、セブのバニラッド店(Banilad)またはマボロ店(Mabolo)を訪れてみてください。
これらお店は食事をするのに快適な場所ではないかもしれませんが予算には優しいバーベキューハウスです。
営業時間: 24時間営業
電話番号: +63 9236839487
平均価格: 2人で約400ペソ(約800円)
住所: F. Cabahug Street Corner Juan Luna Avenue, Mabolo, Cebu City

ネオネオ グリルハウス(Neo Neo BBQ Grill)


セブで新鮮なBBQやシーフード料理を探しているなら、ネオネオ グリルハウスがお勧めです。フィリピンの家庭料理、日本料理、シンガポール料理など幅広い種類のグリルメニューが魅力です。
ネオネオ グリルハウスは下記の場所にお店があります。

  • Juan Luna Avenue
  • マボロ(Mabolo)
  • M.C. Cuenco
  • Banilad
  • Gorordo

とても多くの支店がありとても人気です。
このレストランはセブのおもてなしと家庭的な雰囲気を非常に大切にしています。ですので、このレストランで友人や家族と過ごすにはとてもお勧めな場所です。
営業時間: 11:00~14:00 (ランチ)/17:00~22:00 (ディナー)
平均価格: 2人で約650ペソ(約1,300円)
住所: President Quirino Street, Kasambagan, Cebu City (ショッピングモールにも他の支店があります)

マボイズ BBQ(Maboy’s BBQ)


マボイズ BBQの、ma = MAnokは「Manok」(チキンBBQ)を意味し、boy = baBOYはポークBBQを意味します。したがって、このレストラン名「Maboy BBQ and Unlimited Rice」は、主に豚肉と鶏肉のグリルを提供してくれご飯は食べ放題です。
これらのメニュの他にポチェロ、ホタテ、スパイシーシュリンプ、アドボやオリジナルフィリピン料理を提供してくれます。
レストランの場所はセブのタランバン(Talamban)にあり、お店の場所から少し離れていても、最低400ペソ(約800円)以上の食べ物を注文すると配達もしてくれます。
営業時間: 10:30~22:00
電話番号: 3287154 or 09226882556
平均価格: 2人で約300ペソ(約600円)
住所: Meñoza street North Agora Talamban, Cebu City 6000

マン・イナサル(Mang Inasal)


このレストランの代表的な料理はPaa(鶏もも肉)とPecho(鶏胸肉)です。味をさらに高めるために、チキンオイルをつけるとさらにおいしくなります。
フードファイターのような食事体験ができます。まず食べる前によく手をきれいに洗ってから食べてください。このレストランをさらに楽しむには、素手(フィリピンスタイル)で食事をしてみてください。
このレストランは2003年にイロイロ(場所)でスタートし、現在では全国に500の支店がありそのうち21の支店はセブのショッピングモールなどにあります。チキンでお腹を見たしたい方は最寄りのこのレストランに行ってみてください。
営業時間: 10:00~22:00※平日
電話番号: 32 3280729
平均価格: 2人で約400ペソ(約800円)
住所: Ground Floor, Parkmall, Ouano Avenue, Tipolo, Mandaue City (チェーンレストラン)

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11