留学する上で心配な現在のセブの治安状況を現地英語講師が解説

セブの治安状況

実際にフィリピンは外国人旅行者にとって世界で最も危険な場所の一つとして知られています。
しかし旅行者や観光客がその地域での滞在中に危険から身を守るための安全対策を学べば、問題なくセブを楽しむことができます。
セブはリゾート島であり、毎年100万人以上の外国人観光客が訪れます。マニラに次いでフィリピンでは「第二の都市」です。またフィリピンの貿易の中心地でもあり、観光事業が経済を後押しする理由の1つです。そのため、セブはフィリピンで最も安全な場所の1つと考えられています。
世界クラスのリゾートが手頃な価格で利用できビーチでリラックスしたりショッピングしたり、教会に行ったり、歴史を学べます。その為、日本人、韓国人、中国人、台湾人、ベトナム人、西洋人の観光客は、その便利さとフィリピンのおもてなしの良さために多くの方がグループで訪れます。
危険はどこにでもあり、いつ発生すか分かりませんが発生したときに対処したり安全対策を知っていれば危険を回避することができます。

セブの現在の治安

親や友人から治安が悪いからセブ留学をやめろと言われていますが本当ですか?

Victoria Marie
Victoria Marie
私にとって、セブは勉強、生活、旅行をするには安全な場所だと思います。

安全でないと感じることがありますが、セブは地球上の唯一の危険な場所ではなく危険はどこにでもあります。旅行や生活する上で安全対策を知っていれば問題はありません。
英語学校に関して言えば、セブはフィリピンでナンバーワンであり、その質と手頃な価格のために多くの生徒が訪れる場所です。さらに、セブのESL学校は、生徒の安全を確保するために最新のセキュリティ技術を備えています。したがって、学校での安全面は心配する必要はありません。
どこに行っても、両親や友人にはあなたの居場所を知らせるようにしてください。そうすれば、彼らもあなたのことを心配しなくなります。

現在のセブの治安の状況が知りたいです。

最近では、ニュースで多くの物騒な事件が報道されています。
Victoria Marie
Victoria Marie

しかしこれらのニュースは一部でセブの安全がかなり悪いということは一概には言えません。
実際、2019年時点でセブで最も高い犯罪率は汚職と贈収賄です。特に危険を感じたことは一度もありません。
しかし特に夜は怖くて危険を感じる場所も確かにあります。路上で飲んでいる男性のグループや至る所にいるストリートチルドレン、そしてドラッグを使用している人や物乞いをする人も確かにいます。
これらのことにより、多くの人はセブが安全でないと考えるようになりますが、セブだけではなく他の多くの国でも同様です。
オートバイの乗客が2人のりをして誰かを撃ち殺したとニュースを見かけたこともあります。これらの犯罪は主に麻薬に関連しています。残念ながらこれらの多くの事件は解決に至っていません。しかし基本的にはセブは安全で美しいく地元の人々はとても親切でフレンドリーなです。

一般的な学校の周辺環境の治安はどうですか?

Victoria Marie
Victoria Marie
一般的なESL学校およびその他の施設には最新のセキュリティシステムが装備されています。

セキュリティカメラによって監視され、警備員も配置されています。したがって、生徒は授業を受けている間は安全です。さらに、ほとんどの学校には、緊急事態の場合にすべての生徒とスタッフに通知するアラームシステムがあります。
私が働いている語学学校の近くには大学、レストラン、アーケード、ショッピングモール、消防署、警察署などがあるので事件や災害があればすぐに対応をしてくれます。

最近のセブの治安状況

最近では、セブの現在の治安面での安全性についてそれほど心配する必要はありません。最新の技術により、セキュリティシステムも改善されました。
公共施設、道路、公園、ショッピングモール、教会、セブのすべての観光スポットを監視するためのセキュリティカメラが多く設置されるようになりました。
さらに、犯罪の問題などにすぐに対応するために、警察が随所にパトロールをしています。したがって、セブの地元および外国の居住者と観光客は、現在ではより安全に過ごしています。
英語教育機関に関して言えば、セブはフィリピンでナンバーワンであり、その質と手頃な価格のために多くの生徒がセブを選びます。
さらに、セブのESL学校は、生徒の安全を確保するための最新のセキュリティ技術を備えています。したがって、安全面を心配する必要はありません。どこに行っても、両親や友人にあなたの居場所を知らせるようにすれば、彼らもあなたのことを心配しなくなるでしょう。

昔と現在の治安の違い

昔は南フィリピンに非常事態宣言がでるなど治安には不安がありました。
2017年にマラウィ(Marawi)シティで5ヶ月間続いた戦争がありました。イスラム軍とフィリピン政府の治安部隊との戦いでした。そのため、フィリピン大統領はミンダナオで非常事態宣言を出しました。
その時から、戦争は少なくなりフィリピン政府はイスラム教徒の軍隊によって征服された土地をゆっくりと回復しました。
さらに、他の国からの軍事的および人道的支援により、犠牲した人々は徐々に普段の生活を取り戻し現在、ミンダナオは再び平和に戻っています。

数年前に大きな台風がありましたが現在も影響はありますか?

台風被害を受けたのはレイテ島だと聞いており治安が悪化しているとも聞いています。セブにも治安が悪化した影響はありますか?

台風ヨランダは、フィリピン、さらには世界で最も強力な台風の1つでした。
Victoria Marie
Victoria Marie

その災害は、フィリピン、特にレイテ地域に大きな損害をもたらしました。全国的に大量避難・フライトのキャンセル・休校や人々の安全のための警戒が発表されました。
台風ヨランダは、セブから非常に近い地域であるレイテ島に上陸しました。レイテ島を襲った後、セブやその他の近隣地域を横断し、停電、洪水、通信回線の切断、食料や水の供給不足などの大きな損害を引き起こしました。
しかし、数週間後、全国や海外からの援助が集まり、台風被害を受けた近隣地域はゆっくりと回復しました。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11

麻薬犯罪とドゥテルテ大統領

麻薬犯罪とドゥテルテ大統領
現在のフィリピン大統領が選出される前は、麻薬は全国に蔓延しており、売人は麻薬を簡単に売買できました。
マフィアやドラックバイヤーがストリートチルドレンを使い麻薬を売買され問題になっていました。もちろん麻薬は違法ですが、この問題は国の法と秩序の制御を超えていました。
しかし、現在のフィリピン大統領(ロドリゴドゥテルテ)が引き継いだとき、彼の公約は、国内で麻薬と麻薬を使用している人々を排除することでした。
フィリピン大統領が言ったように、麻薬は国内のすべての凶悪犯罪の根源であるため排除したいと考えています。
その後、毎日のニュースは、路上や自宅で殺害されている麻薬のリーダー、ディーラー、麻薬中毒者について放送を開始しました。
現在までこの活動は続き大統領のこの行動により、実際に他の犯罪は徐々に減少しています。
人々の安全を確保するために、より多くのパトロールや多くの警察が市内に配備されました。ドゥテルテのこの行為を容認する人もいれば、彼の主張を同意を非難する人もいます。

タクシーなどを利用する上での注意点

早朝にタクシーを使うと危険?

帰国の際、セブパシフィックの早朝五時半の便を利用したいのですが早朝に10代の女性が一人でタクシーを利用して空港に行くのは辞めたほうが良いでしょうか?

Victoria Marie
Victoria Marie
このような状況では、GRABを使用する方がはるかに安全で優れた交通手段です。

この交通手段を使用することで、ルートを追跡し、ドライバーなどを知ることができるため、より安全に感じることができます。
したがって、空港やセブのどこからでも、GRABを使用しても問題ありません。空港からイエロータクシーを使用することもできますが、より安く安全な旅行をしたい場合は、GRABをお勧めします。
ただし、ジプニートライシクル、馬車などの地元の交通機関を体験するすることで忘れられない思い出にもなります。

空港に着いたら会えるか心配

飛行機も降りたら、学校の人が待っているというのですが、会えなかったら・・・とか色々考えてこわいです・・・。

セブのほぼすべての英語学校は、マクタンセブ国際空港に到着する学生を迎えにきてくれます。
Victoria Marie
Victoria Marie

学校の旗や看板を掲げたゲートのすぐ外であなたを待っています。
ただし、フライトが予定よりも早く到着した場合は、エージェントもしくは代理店に電話して学校の職員に連絡して到着と場所を知らせてください。学校の連絡先をより多く取得することをお勧めします。
そうすれば、フライトが早く到着したり遅れたりしたときに、自分で学校に連絡することができます。マクタンセブ国際空港は無線WIFIゾーンがあるので心配する必要はありません。

危険なとこに行かなければ大丈夫などネットには書かれていますが危険な場所とは具体的にどこですか?

Victoria Marie
Victoria Marie
私にとっては、セブ市内のどこに行っても安全な場所ですが注意はいつも必要です。

夜はあまり馴染みのない場所に行かないでください。できるだけ観光スポットリストにない場所に行きたい場合は、地元の友人と同行するようにしてください。

ストリートチルドレンが多い場所は?

ストリートチルドレンが多くて危険という話を聞きます。具体的にはどのあたりが多いエリアになりますのでしょうか。

フィリピンは発展途上国であり、ホームレスやストリートチルドレンが国中を移動していますが、セブシティも例外ではありません。
Victoria Marie
Victoria Marie

ほとんどの観光地では、お金や食べ物を求めるストリートチルドレンがいます。しかし、彼らにお金などを与えることをお勧めしません。数年前、一部のストリートチルドレンは、麻薬の販売、すりなどの犯罪などに使用されていました。
そのため、警察はこれらの子供を捕まえて、保育所に入れようとしています。
以前とは異なり、ストリートチルドレンは今では少なくなっています。
私が覚えている限りでは、5年前は、コロン地区、マンゴースクエアー、オスメニアサークル、サントニーニョチャーチ、さらにはショッピングモールの外でさえ、物乞いをするストリートチルドレンによって群がっていました。
しかし、政府は徐々に彼らを保育所に入れています。したがって、上記のエリアを歩くと、以前よりは安全に感じることができます。

エージェントのメリットとデメリット

個人で直接申し込むよりエージェントを通したほうが安心していけますか?

Victoria Marie
Victoria Marie
エージェントがなくても全く問題がありませんが心配性な方はエージェントをお勧めします。

フィリピンに留学したり旅行したりする人の多くは、よりスムーズで安全な旅行計画の為にエージェントや代理店を通す人が多いです。
留学代理店のほとんどは、セブに来る前と帰国するまでに学生が必要とするすべての必需品を提供してくれます。
保険から、留学に必要な交通機関、宿泊施設、授業料、レジャー、その他の法的文書などのほとんどがサービスに含まれています。
しかし手数料が多くいるので少しでも安く行きたい場合はエージェントを通す必要がないと個人的には思います。旅行保険に入ったりすれば問題ありません。

旅行や留学のために代理店とつながることで、すべてがスムーズで便利になります。
代理店を通すことでより安全に感じることができます。代理店は旅行や勉強に必要なものをすべて提供できます。したがって、煩わしさがなくなり、心配が少なくなります。
ただし、これらの代理店のほとんどは、サービスも支払っているため、より多くの料金を請求してきます。
また、代理店にを通すと学校やコースの選択肢が制限されてしまう可能性もあります。エージェントを通すことに関しては、長所と短所が常にありますので慎重に検討してください。

まとめ

セブは、地域の平和と秩序を確保し、犯罪者を逮捕しやすくするために法的規律を作ってきました。しかし住民からの理解を得る必要がまだまだあると思います。
何よりも、政府は、セブの地元住民と島を訪れる人々にとってより安全な日常生活を保証しています。
安全を確保するために、学校、医療施設などの公共施設にセキュリティ対策や緊急事態に備えて災害時にアラート通知の発令も政府から発表されるようになり昔より治安面や災害対策がより充実してきました。

現地英語講師がお勧めするセブ留学の語学学校

2019.09.11